未成年者にタバコを勧められない理由

日本ではタバコは20歳からとなっています。
外国によっては特に規制のないところであったり、もっと若くから吸っても良いとしているところもあるようです。
治安が良くない国では実質的に規制などができていないので、小学生ぐらいの小さなこどもがタバコをふかしている光景を目にすることもあるようです。
タバコは古くからあるし好品の一つで、多くの人が楽しんできました。
ただ医学的にはあまりよいとはいえるものではなく、タバコに含まれるニコチンの問題の他、煙にかなり有害物質が含まれているとされます。
吸っている人だけでなく、吸っている人がはく息やタバコから出る煙が有害であることを知っておく必要があります。
日本においては主に青少年の成長を阻害する点を鑑みて、タバコの摂取は20歳からとなっているようです。
それ以外にも未成年者においては吸わない方がいい理由があります。
それはニコチン依存症のなりやすさです。
成人よりも未成年者の方がなりやすいとされていて、数週間程度の喫煙で常習喫煙に至るとされます。

sub置換