病気について指導してくれる魅力がある

医学管理は、手術や薬を処方することではなく、病気の経過を管理したり、患者さんに病気について理解してもらって、治療に専念してもらうように指導することで、書面を渡されたり、診療中に療養上の注意を指導されます。
生活行動について、医師やコメディカルが医学的に指導してくれます。
例えば、お酒は一切飲まないで、肉類は控えてなど、生活習慣病関連も例外ではありません。
特に注目したいのは、薬剤管理の指導に患者側も対価を払っている点です。
安全管理が必要な医薬品が投与されている場合だけではありません。
患者さんによって、退院時に患者さんやご家族から、在宅における薬剤の服薬に関する指導をお願いされた時にも、お金を支払っています。
もちろん、薬剤の投与量、方法は指導されなければ、副作用のリスクも高まりますから、対価を支払うのは致し方ないことかもしれません。
特に、特定疾患治療であったり、小児乳児関連では、指導は必要で、情報提供もお願いしたいもので、安全管理という言葉は医療業界にも使える言葉です。

sub置換