1つだけでは足りない医療の技術

専門教育を受け、臨床実習を重ね、6年後には、医師免許を取得でき、研修病院で2年しっかり学び、基本領域で働き始めます。
女医からは、産婦人科や皮膚科、整形外科が人気ですし、仕事と家庭との両立が図れること、女性としての美的センスも活用できることが主な理由です。
若手となる研修医からは、麻酔科、リハビリテーション科なども人気で、技術職とも言える内容では、脳神経外科や泌尿器科、救急科などの領域が人気です。
どこも専門医となれる領域で、3年以上をかけてサブスペシャリティ領域のスキルアップにも励んでいます。
このスキルアップで、患者からの信頼度も高まり、能力給となる給与もアップします。
例えば、女医では、婦人科腫瘍や周産期、生殖医療の知識を増やしている傾向です。
がん、心臓血管外科、集中治療などは、一生涯で役立つスキルとも言われています。
医師も勤務医であれば、給与面でも不安は少ないですが、開業医であれば経営も含めて診療するため、儲けるにはやはり技術、サブスペシャリティ領域が必要になります。

sub置換