ロボット手術がまずます広がる可能性

病気の治療の一つに手術があります。
医師が患者の体にメスを入れ、体の内部の異常を取り除いたり、改善を試みる医療技術になります。
病気にもよりますが、多くの医師が行える手術もあれば、日本に数人しか行えない手術もあるようです。
治療が難しい病気になると、治療も受けづらくなります。
患者からすると、手術が難しい病気になったときにはその治療をしてくれる医師の元に行く必要があります。
技術のある医師はなかなかいろいろなところで治療をするわけにはいきません。
ただ最近は遠隔治療などが進んでいて、さらに細部の手術がしやすいロボット手術が治療に取り入れられています。
実際に手術をするのはロボットです。
それを操作するのが医師です。
技術の高い医師でも細かいメスさばきをするのが難しい時がありますが、ロボットであれば細かい調整をしながら行えます。
さらに遠隔地にいる患者の治療なども可能になります。
どんどん医療の中に広まっていて、保険適用でも受けられるようになっています。

sub置換