風邪を引いたときはお風呂に入る方がいい

風邪といえば多くの人がかかる病気の一つです。
風邪ウィルスに感染することによってかかり、冬だけでなく夏にもかかる可能性があります。
健康な状態であればかかりにくいですが、疲れやストレスがたまって免疫力が低下しているとかかりやすくなります。
油断が禁物なので注意しましょう。
風邪を引いたときの対処方法としてぐっすり寝るがあります。
基本的には寝るのが最もいい治療方法ですが、それ以外にもいろいろなことをするとプラスアルファーになるとされます。
その一つに入浴があります。
かつては入浴は風邪をひいた時にはしない方が良いと言われていました。
これはかつての生活環境に影響しています。
かつては内風呂が少なくて銭湯を利用するのが当たり前でした。
風邪をひいた状態で銭湯に行くと、風呂で暖められるもののすぐに冷えます。
それが良くないために風呂は良くないとされていました。
今は自宅に風呂があるので、適度に暖まってすぐ寝ると良いとされます。

sub置換